カテゴリー

カートの中身を見る

カートの中に商品はありません

2019年8月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
2019年9月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930
土・日・祝祭日(オレンジ色)は休業日のため全業務をお休みしております

売れ筋商品

Feed

  • RSS
  • ATOM





それは、感情エネルギーの滞留自体が、ゆるせない感情を惹起する一因であり、かつ、ゆるそうとする意図への抵抗ともなっているからですね。

この場合は、『ヘルス Vol.7 セルフ・ヒーリング』によって感情エネルギーの局所的な滞りを解消し、エネルギーのバランスを取り戻す働きかけが有効です。

その上で『ゆるし・自己受容』を聴き込んで頂くと、ゆるしを進めやすくなります。

また、お気づきのように、イライラの感情と、物事がうまくいかない傾向には相関関係があります。

実際、イライラした感情は、それ自体が感情エネルギーの局所的な滞留を促進し、私たちのエネルギー・フィールド(私たちの身体は、肉体と複層のエネルギー体=エネルギー・フィールドからなります)のアンバランスと周波数の低下を招いています。

この状態が、同様に周波数の低いネガティブな出来事や人々と共鳴し、惹き付けているのですね。

このような不幸・不運の悪循環を断ち切りたい場合も『ヘルス Vol.7 セルフ・ヒーリング』はふさわしい選択です。

このように、『ヘルス Vol.7 セルフ・ヒーリング』を経て『ゆるし・自己受容』を聴き込んで頂くと、ゆるしがスムーズに進みます(ゆるしが前提となるヒーリングも始まります)。

また、さらにゆるしを進め、相手とのよりポジティブな関係性を模索するなら、『他者肯定感を高める』はお薦めです。

他者肯定感を高める』によって他者への認識と接し方、反応を肯定的に引き上げることで、関係性が改善する可能性が広がります。

ちなみに、問題の相手がご家族の場合は、カルマ的に噛み合った関係性をゆるめることで、状況が改善に向かう場合があります。

このようなケースでは『ヘルス Vol.6 カルマ・クリアリング』の併用がお薦めとなります。